FC2ブログ

武士娘達のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚「真剣で私に恋しなさい!!亞仁女威鉄怒」

百代達の迫力あるおっぱい風呂がエロい!
娘TYPEで連載されたヤスイリオスケ「真剣で私に恋しなさい!!亞仁女威鉄怒」の感想です。
まじこい亞仁女威鉄怒1
まじこい三作目のコミックスはアニメ準拠のストーリーになっています。
アニメは基本的にオリジナルですが無印とSの中間の話になってるので原作ファンは興味持って頂けると嬉しいです。
アニメに合わせた連載だったので基本的にネタバレNGの短期集中連載だったのでエピソードは川神大戦と天衣戦くらいですが、その中でもアニメでは描ききれなかったキャラ同士の掛け合いや小ネタが挟まれているので面白いです。
もちろんアニメと同じくエッチなサービスシーンもあります♪
感想は続きからどうぞ。


まじこい亞仁女威鉄怒2
まじこい亞仁女威鉄怒3

百代のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚

一子のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚

クリスのおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚

京のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚

由紀江のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚

初っ端から武士娘達のお風呂サービスで全裸満載とは滅茶苦茶エロいですねwww
たわわに実った肌色の果実を隠す事無く露わにする百代達が実に素晴らしいです(*´д`*)=3ハァハァ
物語の始まりはアニメとは違い大和が百代に告白して振られる所から。
大和が失恋したとしってこれはチャンスを期待に胸を膨らませる京達があざといですね(^^;
まじこい亞仁女威鉄怒4
まじこい亞仁女威鉄怒5
武士娘達の全裸おっぱい丸見え
今度はお風呂から上がって着替えようとした所を大和にモロに裸見られてしまう百代達ですwww
大和に裸を見られて顔を真っ赤にして恥ずかしがる一子、恥ずかしさでお尻を出したまま固まる由紀江、恥ずかしさの余り今にも斬り掛かる寸前のクリス、怒りを抑えきれない百代、恥ずかしがる所かむしろもっと見て欲しいと悦ぶ京とそれぞれバラバラの反応が面白いですね。
ラッキースケベのあとはフルボッコがお約束ですらそう簡単に諦める大和ではありません。
むしろ早く服を着ろと逆ギレして華麗にピンチを切り抜けてましたよ(^^;
またその後は秘密基地で男性陣と女性陣の発育具合について語り合ってました。
アニメはキャラ紹介とか皆無でしたが漫画では一人一人解説付いているので分かりやすいですね。

まじこい亞仁女威鉄怒6
川神大戦の話ではどういう経緯でS組と決闘する事になったか詳しく描かれています。
S組の不死川心に日々因縁付けられていて鬱憤が堪っていたF組ですが、このままでは全面戦争になってしまうと委員長の真与の提案でS組に和平交渉する事になった模様。
しかしそこで真与が酷い侮辱を受けて(真与の家は貧乏なのね)一子とクリスがキレて手を出した為、結局交渉決裂して川神大戦にて決着を付ける事になったと分かります。
一方で何故百代がS組に付く事になったかというと、強くなり過ぎて敵無しになってしまい日々体力を持て余していたからのようです。
まじこい亞仁女威鉄怒7
アニメで川神大戦は一話で終わってましたが漫画では二話に亘って濃厚に描かれているから見所あります。
大和や冬馬の戦術の詳細も漫画だと詳しく分かると思います。
戦況を大きく左右したのはアニメと同じく心が捕まってお尻ペンペンされたせいです♪
これでF組に勢いが増したようで一気に大将の首を取りに向かいますよ。
まじこい亞仁女威鉄怒8
しかしそれをなんと百代が阻止します。
由紀江が居るとはいえ一子達では束になっても百代には敵いません。
そこで大和は助っ人の揚羽と燕を投入して武道四天王同士で戦わせます。
四天王一人対三人のバトルは実に迫力ありますよ。
でも三人掛かりでも百代に敵わないとかどんだけ強いんだよ(^^;
まじこい亞仁女威鉄怒9
最後はアニメ同様大和が囮になり、その隙に翔一が英雄を倒して大戦はF組の勝利で終了。
これにより今度こそS組との間で和平が結ばれます。
毎日退屈そうにしていた百代の為に揚羽や燕との戦闘を用意した大和は大いに喜んで貰えて満足し、良い雰囲気になったのを見て改めて百代に告白しますよ。
アニメではここでも百代は断りますが漫画では受け入れようとしてたようです。
しかしそこを天衣に襲撃されて返事出来ず仕舞いでした。

まじこい亞仁女威鉄怒10
天衣の奇襲を受けた百代は必死に立ち向かうものの、川神大戦直後で気を使い切っていたせいですぐにバテてしまいます。
しかも天衣は九鬼財閥の戦闘強化股肱によりサイボーグ化して居た為、以前武道四天王だった頃とは桁違いの強さになっていました。
その上同じくサイボーグ化した部下の紗姫により動きを予測されてしまうのでさすがの百代も手も足も出ません。
一子達の助けを借りて一度は天衣を追い詰めるものの、油断した所を狙われてしまうから大変です。
自分の身代わりとなって大和が負傷してしまい、仇を討とうと怒りの炎を燃やす百代でした。
まじこい亞仁女威鉄怒11

天衣のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚
アニメであった天衣と紗姫の全裸百合シーンと全く同じ描写があり、二人の乳首がDVD/BDより一足先に解禁されてました
総理大臣の不正を隠す為の捨て駒に使われて一度は視線を彷徨っただけに二人の絆は固いようです。
日本の未来の為に己の命を犠牲にしようとする天衣達なりの正義が垣間見えます。
まじこい亞仁女威鉄怒12
まじこい亞仁女威鉄怒13
武士娘達のナースコスプレサービス
アニメと同じようにナースに扮して大和を看病しようとする一子達が良いですね♪
一子、クリス、由紀江が健全に甲斐甲斐しく看病しようとするのに対し、京は大和のお尻に体温計を刺そうとしたりチン○出させて検尿しようとするから相変わらず変態ですよwww
まじこい亞仁女威鉄怒14
天衣が国会議事堂を占拠した報せを受けて百代は彼女を止めようとします。
百代一人では敵わなくても一子達の力を借りてなんとか天衣を退ける事に成功。
しかし百代は気を使い過ぎたうえ致命傷を受けて死んでしまいますよ・・・。
まじこい亞仁女威鉄怒15
まぁアニメ同様大和のキスであっさり復活するんですけどね(^^;
終盤の展開はアニメと少し異なり、総理が紗姫を人質に取った所を翔一に倒されて事件は終結します。
って漫画はヤドカリEDじゃなくて源さんEDかよwww
ラストはタイトルコールで終わりです。
まじこい亞仁女威鉄怒16
あとがきで天衣と紗姫の全裸サービス
第1話以外はほとんどサービスシーン無かったのでヤスイ先生が百合百合な二人の裸のイラストを描いてくれました♪
ゲームでこの二人も攻略出来たら面白かったんでしょうけどね(^^;


アニメでは川神大戦をあっさりと終わらせてましたが、漫画では前段階から描いており表現し切れなかった部分が説明されていて凄く分かりやすかったです。
天衣戦は逆にあっさりと描いていますが要所要所を絞ってるのでこれだけで十分だと思います。
むしろアニメは長過ぎでしたからね(^^;
原作同様ちょこちょこ小ネタやネタセリフを含んでいるので読んでて思わずニヤリとしてしまう事がありましたよ。
サービスシーンでは百代達のおっぱいやお尻が丸見えで非常にエロかったです♪
漫画版も熱いまじこいですが、今度はなんと新作のまじこいSが漫画化するそうなのでとても楽しみですね。
Sも是非ともアニメ化して欲しいです。
関連記事:
心様の乳首舐め&スク水顔面騎乗♪「真剣で私に恋しなさい!」第3巻
百代のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚「真剣で私に恋しなさい!」第2巻
クリスのおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚「真剣で私に恋しなさい!」第1巻
由紀江とセックル!セックル!( ゚∀゚)o彡゚「真剣で私に恋しなさい! afterpary!!」第1巻
真剣で私に恋しなさい!! 亞仁女威鉄怒真剣で私に恋しなさい!! 亞仁女威鉄怒
(2012/02/24)
ヤスイ リオスケ

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

名無権兵衛

ヤスイリオスケさんはまじこいの同人を描いたこともあり、確かそれもすごくエロかったなぁ…というかこの人の作品は大体エロい
非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日