FC2ブログ

初っ端からラストバトルに告白も!「真剣で私に恋しなさい!!」第1話

2011年秋アニメ感想第1弾!
アニメ「真剣で私に恋しなさい!!」第1話の感想です。

真剣恋第1話
(C)みなとそふと/まじこい製作委員会

よく分からなかったが盛り上がった!


第1話。
「真剣で私にかかってきなさい!!」


<キャスト>
直江大和:神谷浩史
川神百代:浅川悠
川神一子:友永朱音
椎名京:氷青
クリスティアーネ・フリードリヒ:伊藤静
黛由紀江:後藤邑子
風間翔一:小西克幸
島津岳人:草尾毅
師岡卓也:鈴村健一
源忠勝:諏訪部順一
小笠原千花:西沢広香
甘粕真与:阪田佳代
福本育郎:山口勝平
大串スグル:飛田展男
羽黒黒子:藤田圭宣
九鬼英雄:中村悠一
忍足あずみ:亜城めぐ
不死川心:水橋かおり
葵冬馬:遊佐浩二
榊原小雪:ひと美
井上準:杉田智和
九鬼揚羽:松井菜桜子
マルギッテ・エーベルバッハ:瑞沢渓川神鉄心:高岡瓶々
クッキー:緒方恵美
綾小路麻呂:小野大輔

久々に登場人物多い作品だな〜(^^;
7割方見知った名前なので安心。

真剣恋第1話1真剣恋第1話2
真剣恋第1話3真剣恋第1話4
真剣恋第1話5真剣恋第1話6
神奈川県丹沢山地にある川神学園。
そこはカリキュラムに武道を取り組み、決闘で揉め事を解消するという驚きの校則がありました。
成績優秀な2年F組と最も劣等な2年S組が初っ端から山中で激しく戦っております。
本物の合戦さながらに大将の指示のもと統率された部隊が進軍する様は迫力ありますよ。
真剣恋第1話7真剣恋第1話8
真剣恋第1話9真剣恋第1話10
真剣恋第1話11真剣恋第1話12
その中でも頭角を現すのが川神一子、椎名京、クリスティアーネ・フリードリヒ、黛由紀江、そして川神百代です。
まさに一騎当千の如く敵兵士を薙ぎ払う百代達の実力が他の生徒達より跳び抜けてる事が分かりますよ。
そんな武道に長けた美少女六人を軍師である主人公・直江大和が纏めます。

真剣恋第1話13真剣恋第1話14
真剣恋第1話20真剣恋第1話21
大和は過去に百代に告白した事がある模様。
しかし百代は友達としてしか大和を見れず、男として見る事は出来ないと言われて振られてしまったようです。
百代の願いは大和が総理大臣になって日本を引っ張って行く事のようですが、それも彼女と対等に付き合う為に大和が幼い頃誓った夢と分かります。
せめてそれくらい立派な男にならないと百代には振り向いて貰えないという事なんでしょうね。
真剣恋第1話15真剣恋第1話16
真剣恋第1話18
真剣恋第1話17真剣恋第1話19
F組大将の九鬼英雄を演じる中村悠一がハマり役ですねw
使用される武器は学園が用意した特殊な物でそれで攻撃されても痛いだけで怪我しないとか。
戦は助っ人を雇うのもありで資金力のあるF組は罠も助っ人もかなりの量を用意してるようです。
対するS組も1年生の紀江や3年生の百代に力を借りてます。
数では圧倒的に劣るもののそれを彼女達の力と大和の戦略戦術で覆すつもりのようです。
真剣恋第1話22真剣恋第1話23
真剣恋第1話24真剣恋第1話25
真剣恋第1話26真剣恋第1話27
真剣恋第1話28
大和の作戦が功を奏して敵の大舞台を翻弄するS組。
しかし予想外の事態が発生して総大将を逃がしてしまい、次第に数で負けて追い詰めらてしまいます。
さらに本陣を奇襲されピンチに陥りますが、そこを由紀江が守り大勢のメイドと戦いますよ(^^;
由紀江の長刀に斬られて服が破ける女子高生メイド達がエロいですね〜♪
中にはパンツが見えてる女の子も居ましたよ(*´д`*)
真剣恋第1話29真剣恋第1話30
真剣恋第1話31真剣恋第1話32
真剣恋第1話33真剣恋第1話34
奇襲が失敗すると今度はF組で謀反が発生。
守りが薄くなった不死川心の部隊を風間翔一と島津岳人が奇襲し返します。
この二人も一子達に負けず劣らず強いようですね。
さらにクリスが心を追い詰めて捕らえる事に成功します。
無数の放たれる矢を一子が一人で弾いたり、京が敵の矢が届かない距離から攻撃したりとメインキャラの活躍が著しいです。
ってか京の放った矢が爆発したんだけどこれは気とか使ってるのかな?
真剣恋第1話35真剣恋第1話36
大和が心のお尻ペンペンwww
捕虜となった心に大和がお仕置きする動画により敵軍の反乱分子を煽る事に成功したS組は一気に優位に立ちます。
このアニメの主人公は普通に女の子のお尻触れるのね(^^;
あとは敵本陣に攻め込み総大将を打ち取るのみです。

真剣恋第1話37真剣恋第1話38
真剣恋第1話39真剣恋第1話40
真剣恋第1話41
すると一番美味しい所で百代が登場します。
しかしなんと百代は敵軍に寝返っていたという驚きの展開です。
それも「その方が面白いから」という酷い理由です(^^;
するとなんと大和も敵大将の姉・揚羽を助っ人に雇っているという凄い読みっぷりを見せます。
まるで最終回のようにヒロインがラスボスになって主人公達の前に立ちはだかる展開が燃えますね。
由紀江は揚羽と共に百代に挑みますが、指二本で真剣白羽取りする百代が半端ないですねwww
激しい戦闘でスカートが翻って一瞬だけ百代のパンツが見えてました♪(ブルマの可能性もあるけど)
真剣恋第1話42真剣恋第1話43
真剣恋第1話44
真剣恋第1話45真剣恋第1話46
百代と火と氷を操れるようで由紀江と揚羽の腕を掴んで必殺技を放とうとします(^^;
そこを武道四天王最後の一人・松永燕が助太刀に入り、四天王同士の超人バトルが繰り広げられますよ。
本当によ〜く見ると所々パンチラしてるんですよね♪
由紀江達が百代を抑え込んでる間にクリス達が大将の首を取ろうとします。
しかしそこと敵に囲まれてしまい逆に絶体絶命に陥ってしまいます。
真剣恋第1話47真剣恋第1話48
真剣恋第1話49真剣恋第1話50
真剣恋第1話51真剣恋第1話52
すると大和は単身敵陣に特攻し、決死隊を組んで突破口を開こうとします。
さらにはロボットまで投入とか最早なんでもありだな(^^;
仲間達の力を借りて防衛網を突破し、最後は翔一が大将を打ち取ってS組の勝利となりました。
それにしても百代、超人的な強さだなwww

真剣恋第1話53真剣恋第1話54
真剣恋第1話55真剣恋第1話56
真剣恋第1話57真剣恋第1話58
EDはSV TRIBEで「U-n-d-e-r--STANDING!」です。
来週からはこれがOPとなります。
決闘の日は百代の誕生日だったようで、燕を助っ人にしたサプライズは大和なりのプレゼントだったようです。
さらに大和は指輪をプレゼントし、改めて彼女に告白します。
百代は喜んで抱き締めますが、やはり今のままの恋人未満の関係で満足してるようで結局振られてしまう大和でした。
振られたと分かって一子達は大和を狙う気満々の様子です(^^;
次回は「真剣で任務を完了しなさい!!」。


キャラ紹介とか無しでいきなり合戦とか初見御断りの雰囲気が凄かったです(^^;
まるで最終回のような超絶バトルの連続に驚かされっぱなしでした。
まぁこれで世界観は大体理解出来たと思います。
第1話はほとんどエロサービス無かったけど次回からはちょこちょこ挟んで来るようなので期待したいです。
パンツくらいなら規制されない可能性もあるので♪
BDでは乳首も解禁されるようですが買うかどうかは今後の展開次第かな〜?
とにかく声優が豪華なのでその点では飽きずに楽しめそうですね。
U-n-d-e-r--STANDING!U-n-d-e-r--STANDING!
(2011/10/26)
遠藤正明,きただにひろし 美郷あき、美郷あき 他

商品詳細を見る

君の真剣をちょうだい君の真剣をちょうだい
(2011/11/09)
川神一子(友永朱音),椎名京(氷青),クリス(伊藤静),黛由紀江(後藤邑子) 川神百代(浅川悠)、川神百代(浅川悠) 他

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

一尉

支援7です
非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日