FC2ブログ

人類、ついに巨人に初勝利!「進撃の巨人」第4巻

エレンとリヴァイ、邂逅す!
別冊少年マガジン連載中の「進撃の巨人」第4巻の感想です。
進撃の巨人4巻1
初版100万部に累計400万部とか物凄い人気っぷりですね(^^;
僅か3巻で色んな賞を獲得し、TVなどでも頻繁に取り上げられるようになりました。
書店でもかなり大きく取り上げられており、一コーナーが出来てる事も珍しくありません。
最新巻は当然の如く大量に入荷されて高く平積みされてましたよ。
さて第4巻は引き続きウォール・ローゼ奪還編です。
さらにエレン達が訓練兵に入団した頃の過去話もあり、各キャラのエピソードが描かれていてそれぞれどんな思いで兵士になったのかが分かります。
感想は続きからどうぞ。
※一部グロいシーンがあります!


進撃の巨人4巻2
巨人化してウォール・ローゼの壁を塞ぐと言う作戦を任されたエレンは暴走してしまい、自滅して気絶してしまいます。
その間にも巨人達は次々と穴から入って来、戦場は阿鼻叫喚に包まれますよ。
アルミンはエレンに必死に呼びかけ意識を取り戻させようと叫び続けます。
アルミンに何故外の世界に行きたいのか訊ねられたエレンはようやく自分の夢を思い出し、立ち上がって意識を取り戻すのでした。
巨大な岩を担いで歩く巨人エレンの姿に圧巻されますね〜。
エレンの復活を知ったミカサ達は残りの人間全員で援護をし、自分の命を犠牲にしてでも穴を塞ぐ覚悟です。
進撃の巨人4巻3
エレンの夢は自由を手に入れる事。
その為なら例えどんな敵が立ちはだかろうと戦えると考えています。
外の世界に行きたいと思ったのはそれこそが自由の証だからです。
世界がどんなに非情で残酷だろうと、自由を手に入れる為なら命は惜しくないと思い続けるエレンです。
仲間が次々と巨人に喰われる中、エレンは人類の自由を手に入れる為に戦い続けます。
進撃の巨人4巻4
そしてついにウォール・ローゼの穴を塞ぐ事に成功!
見開きの迫力ある描写に胸が熱くなりました。
リコの「皆・・・・・・死んだ甲斐があったな・・・」というセリフが凄く心に沁みますよ。
この日人類は初めて巨人に勝利し、奪われた街を一つ取り返したのです。
あとは残りの巨人の群れから逃げ帰るだけですが、エレン救出に手間取りミカサ達は囲まれて大ピンチに陥ってしまいます。
進撃の巨人4巻5
そこを助けたのはなんと調査兵団兵士長のリヴァイでした!
今しがた調査を終えて帰還した所をエレン達と合流します。
イヤ〜、まさに王道的展開ですね〜。
別マガ本編の主人公と週マガ番外編の主人公の邂逅に思わず胸が踊りましたよ。

ココからは数年前に戻ってエレン達が訓練兵になった時の話が始まります。
サブキャラ達の性格が訓練の様子と共に描かれており、特に通過儀礼ではそれぞれどういう理由で兵士に志願したかが分かりますよ。
エレンと度々衝突するジャンは憲兵団に入って安全な暮らしをしたいようですね。
そう思ってる人も少なくないようで、兵士になるのは世間体を保つ為という理由も多い事が分かります。
進撃の巨人4巻6
そんな中で平然と蒸かし芋を食べるサシャがウケましたwww
まず何故問い詰められてるのかが解ってませんしね(^^;
挙句の果てに自分も食べたかったんだろうと芋を半分渡してましたよ。
当然怒られて酷い罰を受ける破目になります。
その時助けて貰ったのがクリスタで、パンを恵んでくれた彼女が神様に見えて崇める様子がまた笑えますw
一方でジャンはミカサに惚れるもエレンに気がある事を知って嫉妬からさらに衝突する事になりますよ。
青春してるな〜。
進撃の巨人4巻7
訓練に入る前に適性試験を受ける事になりますが、ココでエレンは一人失敗してしまい焦ります。
これが出来なければ立体機動を使いこなせず、兵士になれなくなってしまうから当然です。
必死に練習するも何故か失敗の連続でエレンの焦りは益々募ります。
頭を下げてジャンやコニーにアドバイスして貰おうとするも当然の如く断られてしまい、次はライナーとベルトルトに相談する事に。
その二人からも具体的なアドバイスは受けられませんでしたが、二人とも自分と同じように巨人に対する恨みを持っており励まされてやる気を取り戻すエレンです。
最後のチャンスは一度失敗するもベルトの金具が壊れてた事が分かり、もう一度やったら成功して無事兵士になる事が出来ました。
進撃の巨人4巻8
対人格闘術ではアニのキャラ性が光ります。
ジャンと同じく内地志願者ですが、エレンが相手すると独特の格闘技であっさり負かされてしまう有様です。
キックボクシングをより武術的にしたような感じですね。
負けてもエレンはそれを活かして学習し、ジャン相手に見よう見真似でやってみて技で圧倒してました。
その後も痛い思いしながらアニに技を教えて貰ったようです。
進撃の巨人4巻9
それにしてもサシャのイジられっぷりが半端無いなwww
エレンとジャンの喧嘩がバレそうになった時のミカサの対応がまた笑えましたよ(^^;
ミカサに文句言おうとするもパン一つで許す辺りがまた面白いです。

それぞれのキャラクター性が分かった所で現在に戻ります。
あの後丸一日掛けて残りの巨人を掃討し、今は死んだ兵士達の後片付けをしてるようです。
進撃の巨人4巻10
するとその中になんとマルコの姿が!
第1巻で紹介されたメンバー、成績上位10名の中から犠牲者が出るとはちょっと予想外でした・・・。
巨人に喰われるシーンすら描かれず、こうして死体として友人のジャンに見つけられるとか悲惨でしかありませんね。
ジャンも親しい友の死に激しくショックを受けてましたよ。
他にも死体は大量にあるものの、巨人に喰われた人間は消化されて吐き出された為見分けがつかないようです。
必死に訓練しても惨い死に方をする兵士の末路に皆落ち込んでしまいます。
進撃の巨人4巻11
そしてマルコの死がジャンの心に大きな変化をもたらす事に。
マルコに自分の方がリーダーに向いてると、誰よりも弱い人の気持ちを理解出来て状況に応じて冷静に判断出来ると言われた事を思い出します。
そのマルコの言葉を胸に自分に何が出来るか考えたジャンは、皆の前で調査兵団に志願する事を誓うのでした。
友の死がジャンの未来を変える事になったようです。
進撃の巨人4巻12
そしてエレンもリヴァイの前で調査兵団に志願する事を誓います。
3日間昏睡状態だったエレンは今後の事をリヴァイとエルヴィン団長から聞かされ、自分が巨人を倒す鍵になってると期待されます。
巨人化の秘密が眠ってる生家に行く為、次はウォール・マリアの穴を塞ぐ事になりそうですね。
エレンとリヴァイ、この二人がどんな戦いを見せてくれるのか楽しみですよ。
あ、ちなみに今回は嘘予告はありません(^^;


イヤ〜、今回も物凄く熱い展開でしたね!
エレンが巨大な岩を担いで穴を塞ぐシーンは興奮しました。
絶体絶命な状況で主人公がやってくれるというまさに王道少年漫画を見せてくれましたよ。
さらに続けてリヴァイがエレン達を助けるシーンがまた凄く熱かったです。
過去回ではサブキャラの性格が分かってより物語に深みが増してきました。
特にサシャがかなり個性的で笑えましたね(^^;
ただ、まさかココでマルコが退場するとは思わなかっただけに非常に残念です・・・。
上位10名は物語終盤まで生き残るだろうと予想していただけに困惑しました。
これで他のメンバーもいつ死んでもおかしくなくなったな〜。
ミカサ、アニ、サシャ、クリスタと何気に女性陣の方が個性強いので出来るだけ長く行き残って欲しいですね。
関連記事:
敵か?味方か?人類VS巨人・エレン!「進撃の巨人」第3巻
(;゚д゚)エッ!?打ち切り?息をつかせぬ衝撃の連続に驚愕!「進撃の巨人」第2巻
(;゜д゜)エッ!?初っ端から主人公死んだ!?「進撃の巨人」第1巻
進撃の巨人 (4)進撃の巨人 (4)
(2011/04/08)
諫山 創

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日