FC2ブログ

超修羅場突入で強制3P中出し射精地獄!「あきそら」第5巻

ソラ×ナミ×可奈の泥沼三角関係に決着!
チャンピオンREDいちご連載中の糸杉柾宏「あきそら」第5巻の感想です。
あきそら5巻1
巷では一般向けの漫画やアニメでのエロを規制する動きが強まってますが、いざとなったらwebや携帯に逃げれば良いので問題無しです( ̄ー ̄)b
漫画もエロいですがアニメも物凄くエロいんですよね〜♪
ヨスガノソラが大丈夫なんだから本作も頑張ればTVアニメ化出来そうな気がするわw
姉と妹、クラスメイトや後輩の彼女とも肉体関係を持つソラは真実の“愛”の形を探して迷走します。
しかも今巻ではついにナミとの関係が可奈にバレてしまって大変な事になりますよ。
感想は続きからどうぞ。


今日も元気にセックル!セックル!( ゚∀゚)o彡゚
あきそら5巻5
ちょっと順番を変えて先に前巻の続きの話。
美術部のヌードモデル中にオ○ニー&射精と壮絶な公開羞恥プレイをやってのけたソラとルナですが、そのせいでデッサンは大失敗となりました。(当たり前w)
その責任を取らされたのは部長の朝菜ユウナで、今度は男をモデルにヌードデッサンする事になって憂鬱になります。
どうやらユウナは極度の男性恐怖症というか、エッチな事に対して潔癖気味のようですね。
それを知ったルナはお詫びじゃないですが一肌脱ぎ、ソラに女装させて女子と偽ってユウナにエッチな事をさせますよ♪
女の子同士ならなんとか・・・とルナの口車に乗せられてついエッチして貰うユウナですが、当然ソラは男な訳で反応した下半身を見てビックリしてました(^^;
でも気持ち良いのは否定出来ず、結局最後までして貰うユウナです。
あきそら5巻6

ユウナのおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚
男のチン○を汚らわしいと思いながらも快楽に逆らえず喘ぎまくるユウナがエロいですね
最後はバックで中出しされ、初めてにも拘らず激しくイッてましたよ♪
これで男に免疫付いたユウナはヌードデッサンも無事切り抜けてました。

では今巻のメインであるソラ×ナミ×可奈のお話を。
あきそら5巻2
可奈と一緒にモデル撮影を受ける事になったソラはウエディング衣装に着替えて教会で模擬結婚式を行います。
可奈の父親が写真家だそうで、許諾の返事をする前にナミが勝手にOKしてしまったそうな。
ナミはきっと可奈のウエディングドレス姿が見たかったんでしょうね。
ちなみに可奈には理亜という幼い妹が居ます。
可奈のお父さんは娘がソラに好意を抱いてる事を知ってるようで、撮影後に気を利かせて二人きりにしてあげてました。
あきそら5巻3

まぁ、そんな事すれば当然( ゚∀゚)o彡゚セックル!セックル!な訳でして
神聖な教会で、しかもウエディングドレスを着てパイズリしたりフェラしたり中出ししたりと不純な行為をしまくってましたよ(*´д`*)=3ハァハァ
てっきりエッチしてる所を理亜に見られると思いましたがそんな事無かったですね。
あきそら5巻4
その後もソラに女装させてエッチしたりと段々積極的になっていく可奈と対照的に、ソラはこのまま彼女と関係を持ち続けて良いのか疑問に思い始めます。
ナミの命令にも拘らずナミ自身が傷付いてる事を察し、それを知っていながら自傷行為を続ける妹を心配するソラです。
そんな二人の気持ちを知らずに可奈はソラの為にメガネを辞めてコンタクトを付けたりと幸せそうでした。
いつまでも続くと思われたこの不毛な三角関係ですが、ある日唐突に終わりを告げる事になります。
あきそら5巻7
可奈が帰ったと思って部室でソラにキスするナミですが、なんとそこに可奈が戻って来て見られてしまいます!
これにナミは自分が本当にしたかった事に気付き、実の兄と関係を持ってる事を暴露しますよ。
「手に入らないなら壊れてしまえばいい」と自暴自棄になるナミが重いですねぇ・・・。
これで何もかもが終わりと、手に入らない恋をやっと諦める事が出来ると、可奈と決別する事を覚悟するナミです。
しかしこれに対し可奈はまだ二人の関係を信じられないようで、それを聞いてナミはソラとエッチしてる所を彼女に見せつけますよ。
超修羅場って来たな〜(^^;
あきそら5巻8
するとそれを見た可奈はなんとナミを突き飛ばし、自分の方がソラを満足させられると言い放ちます。
ソラは誰にも渡さないと宣言し、売り言葉に買い言葉でナミも思わず自分の方がソラを気持ち良くさせられると勝負を持ち掛けますよ。
斯くしてナミVS可奈のセックル対決が勃発し、間に挟まれたソラはたっぷりと精を搾り取られてしまいます(^^;
あきそら5巻9
チン○を素股で挟んで貝合わせ
ナミがオ××コでソラを悦ばせれば可奈が自慢の巨乳でソラのチン○を挟んだりと交互に必殺技を繰り出して非常にエロいです(*´д`*)=3ハァハァ
二人で一本の肉棒を奪い合う様はまさに女の闘いと言った感じですね。
これではどちらが気持ち良いかなんて分かる筈もなく、ソラは二人の間で激しく射精してました♪
あきそら5巻10
ナミと可奈のWフェラ炸裂
二人の闘いは翌日以降も続き、場所時間を問わず二人してソラのチン○を奪い合います♪
あれ程仲良かった二人がいがみ合い、どっちがソラをより気持ち良くさせられるか自らの肉体とテクニックを駆使して責め合ってるから堪りませんね(*´д`*)=3ハァハァ
これにはさすがのソラも身体が持たず、どうにか出来ないものかと頭を悩ませます。
それを解決へ導いてくれたのはアキ姉ちゃんであり、例え言葉にしなくても好きという気持ちは伝わる事にソラは気付きますよ。
あきそら5巻11

( ゚∀゚)o彡゚3Pセックル!3Pセックル!
二人が何故これ程意地になってお互いに突っ掛かるのか疑問だったソラですが、それが二人とも同じ気持ちだからという事に気付きます。
ナミは本当は可奈を好きでそれが手に入らないから自棄になっており、可奈は本当はナミを好きでそれが叶わないから似ているソラと付き合っていたのだと。
結局二人は最初から両想いであり、それを叶わぬ恋と思い込んだせいでソラを代役にしていた訳です。
今回の3Pもソラを間に挟んでナミは可奈と、可奈はナミとエッチしていたんですね。
あきそら5巻12
それに気付いたソラは二人の橋渡しをしてあげ、ようやく泥沼の三角関係にピリオドが打たれる事となりました。
これでようやくシリアス展開も薄くなりそうかな(^^;
最後に怪しげな男が意味深に現れますが、これはまさかソラ達の父親か?


今巻はドシリアスなエロシーンの連続で、ナミと可奈の3P対決が物凄かったです。
どんな結末になるかと思いましたが、あそこまでドロドロになるとは・・・(^^;
でも最後はハッピーエンドでめでたしめでたしですね♪
間に挟まれたソラは気持ち良さそうだけど、とても代わりたいと思うような立場じゃなくてむしろ同情しましたw
でもこれでようやく一つの不安が解けて気が楽になった事でしょう。
あとはアキ、ルナ、みはる&ありすをどうするかですね。
ナミは可奈とラブラブするだけでしょうが、たまにはソラとまた3Pして欲しいです
関連記事:
限界を超え過ぎてリテイク喰らった一般向けエロアニメ♪OVA「あきそら〜夢の中〜」下巻
姉弟がギシアン中出しガチセックル♪OVA「あきそら〜夢の中〜」上巻
限界を超えた史上最強の一般向け中出しエロアニメ!「あきそら」OVA
姫のロンダルキアの洞窟に勇者の凍てつく波動をビクンビクンwww「あきそら」第4巻
男の娘に代わって恋人とエッチしちゃう男の娘♪「あきそら」第3巻
今最もエロい一般向け中出し漫画、アニメ化決定!「あきそら」第2巻
一般向け姉×弟中出し漫画「あきそら」第1巻(百合&女装少年もアリ)
あきそら (5)あきそら (5)
(2010/12/20)
糸杉柾宏

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日