FC2ブログ

ツンデレ声優・針美谷エリの冬コミ同人誌「針美谷スペシャル」

PONPONの2009年冬コミ同人誌「針美谷スペシャル」の感想です。
ぼいトレ同人誌1
昨年話題となった某くぎゅにそっくりな設定の針美谷エリちゃん。
元ネタキャラと同じようにツンデレの女王として声優界に君臨してる若干●1歳の少女です。
●学生ですが、18禁キャラなのでエッチもします
今回作者本人が出した同人誌では描き下ろしの第2.5話を収録。
エリちゃんが学校に通ってない事情がちょっとだけ分かります。
以下、18禁です。


ぼいトレ同人誌2
仕事帰りに公園で一休み中のエリの下に一人の少女が声を掛けて来ます。
彼女・ゆーちゃんはどうやらエリの前の学校の友達の模様。
話を聞くとエリは海外の学校に転校していた事になってたようです。
まさか声優業をやってるなんて言えませんものね。
声優業が忙しくなった時に学校を辞めてしまったそうです。
ぼいトレ同人誌3
別にエッチ無しでも良いような話ですが、成年漫画家の性としてサービス精神を忘れられない模様。
今回は屋外で、つまり青姦となっております
同年代の友達と会った後すぐエッチとかエリちゃんはどうしようもなくエロエロな●学生ですね?♪
ゆーちゃんもまさか同い年の女の子がこんな事してるとは夢にも思うまい(^^;
エリは今の仕事が楽しいから友達と会えなくても平気と笑顔を見せますが、明らかに強がりな事が分かります。
立派に働いているとはいえ、まだ子供ですから当然でしょう。
マネージャーの木野はそんなエリの様子を見て少しでも彼女の為になるよう行動を起こします。
ぼいトレ同人誌4
木野が用意したのは学校にある机と椅子でした。
エリの寂しさを少しでも紛らわそうと思ってあちこち探し回ったようですね。
もちろんこれだけでは何の解決にもなりませんが、エリに取っては木野の行為が凄く嬉しかった模様。
ツンツン文句を言いながら涙を流して喜ぶエリちゃんです。


後日談としてその後エリは学校に復学します。
今回の事が切っ掛けとなって、恐らく木野や社長が働きかけてくれたんでしょうね。
学校に通ってない理由とか分かってスッキリしました。
性格がアレなのでクラスでハブられてたのかと心配してたので(^^;
ともあれこれでぼいトレ本はフルコンプかな?
でも作者が「第一部-完-」とか言ってるからもしかしたら第二部があるかも知れないですね(笑)

ちなみにコミケには行ってません。
メロンの通販で買いましたが、現在は品切れ中です。
虎ではまだ少し残ってるようなので欲しい方はお早めにどうぞ。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/20/41/040010204196.html
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日