FC2ブログ

最終章開幕!悲劇を変える、運命を覆すもう一つの未来!「妖狐×僕SS」第9巻

ガンガンJOKER連載中の藤原ここあ「妖狐×僕SS」第9巻の感想です。
妖狐×僕SS第9巻1
今巻からいよいよ最終章が始まります。
千年桜の力を借りて過去の自分達へメッセージを送る事にした未来の凛々蝶達。
それはつまり今の自分達が消える事になっても辛い過去を変えたいという決意の選択でした。
これにより物語の主役は再び前世の凛々蝶達に戻ります。
果たして凛々蝶達は悲しい未来を変える事が出来るのか?
感想は続きからどうぞ。


妖狐×僕SS第9巻2
前半は今巻もインタールード(幕間劇)となっています。
凛々蝶が林間学校へ行ってしまい置いてけぼりを喰らった双熾は寂しさの余り死に掛けてました(^^;
後を任された連勝と残夏は見るに見兼ねて双熾を連れて遊びに出掛けます。
そこで凛々蝶に似た女優が出演してる映画を見ますが、その女の子が新しい彼氏とイチャイチャチュッチュする映像満載だったから悲惨ですよwww
カラオケでは双熾がキャラソンの「楽園のフォトグラフ」を冷唱し、相変わらずの酷い歌詞を披露して凛々蝶への陶酔っぷりを見せるからウケますね。
妖館へ帰った後は野ばらや蜻蛉も加わって一緒にお酒を飲み、双熾も珍しく酔っ払って弱気になってました。
妖狐×僕SS第9巻3
そこで凛々蝶から電話が掛かって来るから双熾はもう呼吸もままならないほど喜びます。
凛々蝶に会いたくて仕方ないと素直に述べる双熾に対し、凛々蝶もずっと双熾を気にしていたようでメールを送るか何度も何度も悩んでいたようです。
凛々蝶の声を聞いて安心した双熾は翌日には平静さを取り戻します。
もっとも林間学校中も分身に凛々蝶の尾行させてると判明して連勝達はドン引きしてましたけどね(^^;
妖狐×僕SS第9巻4
残夏の過去話はまた非常に興味深い内容です。
今でこそ明るく掴み所のない人物像の残夏ですが、昔はやはり百目の力のせいで辛い生き方を強いられていた事が分かります。
なまじ未来や人の心が見えるせいで大人達には利用され、幾度となく醜く汚い人間を見て来たせいで学生時代は特に捻くれた性格をしていた模様。
そんな彼にも初恋と呼べる少女が居たようですが、その娘が担任教師に片想いをしているのを見て嫉妬し、力を使って先生が不倫してるのを暴露したというから惨いです(^^;
しかしその娘に憐みの眼を向けられた事が相当ショックだったのと、元々身体が弱かったのもあって残夏は倒れてしまいます。
そんな経緯もあって自分の力をさらに嫌いになった残夏はお見舞いに来た蜻蛉に思わず八つ当たりしてしまったようです。
妖狐×僕SS第9巻5
でもそこを蜻蛉にもっと広い目で物事を見るよう言われ、人の心が表面的なものばかりでない事に気付いた残夏。
醜い部分や汚い部分を持ってる人間でも綺麗な部分があると分かり、人を信じる事が出来るようになったようです。
また渡狸との出逢いが彼の心に大きく影響を与え、お互いを大切に想い合える関係に幸せを感じられるようになったと分かります。
百目という忌み嫌われる力を持っていながら残夏が明るい性格なのは大切な仲間との絆があるからなんですね~。
妖狐×僕SS第9巻6
最後は野ばらの探偵業の続き。
クリスマスイヴに野ばらにデートを誘われて驚きつつも少し期待する連勝ですが、案の定仕事に付き合わされただけでガッカリします(^^;
カップルに危害を加える妖怪を誘き出す作戦でカップルを演じるものの、野ばらの方が全く彼女らしくするつもりないからウケますねw
件の妖怪は人魚の少年で、好きな子のクリスマス会に行けないのを妬んでの犯行というから傍迷惑な事この上ありません。
反省してるのか反省してないのか分からないくらい捻くれており、あまつさえ野ばらのおっぱいにすり寄って甘える始末だから怖いもの知らずな少年ですよ
妖狐×僕SS第9巻7
このまま放っとく訳にもいかないので彼をなんとか好きな女の子のクリスマス会に行けるよう二人は手伝います。
プレゼント選びに付き合ったりし、どうにか勇気を出させて少年を無事彼女の家に送り届ける野ばら達です。
野ばらの力でホワイトクリスマスにするとか中々粋な事しますね~。
ちなみに凛々蝶は双熾と、渡狸はカルタと二人きりのクリスマスを満喫していたようです。

妖狐×僕SS第9巻8
そしていよいよここからが最終章「春に目覚める」の始まりです。
それはまだ凛々蝶が双熾と付き合う前の話、来世の自分達へタイムカプセルを送ろうとしていた時の事です。
カプセルを送る穴を掘っていた連勝は何かが埋まっているのに気付き、掘り起こすと箱の中に手紙が入っていました。
それを残夏が触った瞬間、いきなり膨大な情報量が流れ込んで来て精神と肉体が耐え切れず気絶してしまいます。
残夏を心配しつつも手紙の方も気になった凛々蝶達は早速中身を拝見。
そこに書かれていた壮絶な未来に衝撃を受け、自分達の身に降りかかる凄惨な末路に大きな不安を覚えます。
起きた残夏は未来から受け取ったSOSを皆に伝えようとするものの、余りにも信じ難い話にすぐに聞くのを躊躇う凛々蝶です。
妖狐×僕SS第9巻9
凛々蝶を心配した双熾は彼女の部屋でお風呂上がりのバスタオル姿を見てしまいます
ちなみに双熾には手紙は無かったものの、まだ自分が手にしてない未来の自分が撮った凛々蝶のセクシー写真が入っていたようですぐに信じたようです(^^;
残夏の話を聞くかどうか迷っていた凛々蝶ですが、改めて手紙を読み返してかなり危機的な状況にあると分かり、未来の自分がどのように生きたか知る為に百鬼夜行の詳細を訊ねる事を決意します。
妖狐×僕SS第9巻10
それから数ヶ月後、百鬼夜行が起こる大晦日を迎えて凛々蝶達は最大限の警戒をします。
あれから残夏の話を聞いた凛々蝶は自分が双熾と付き合う事になると知り、初キスも済ませたと聞いて顔を真っ赤にして恥ずかしがった模様♪
しかし双熾が殺されるという不安から結局想いを伝える事は出来ず、変わってしまった未来では恋人にはなってないようです。
野ばらに双熾への気持ちを見抜かれるものの彼を救えない限り素直になれないと言い、双熾を守れなかった自分の願いを叶えるべく今は百鬼夜行に備える考えを示します。
妖狐×僕SS第9巻11
本来ならば最初にカルタが襲われる筈でしたが何も起こらず、無事に新年を迎えられて安心する凛々蝶達。
しかしそこに突如彼女の父親が現れ、各地の妖館が百鬼夜行の襲撃に遭ってる事を告げます。
すると凛々蝶の父親は娘を強引に連れ出し、双熾を置いて実家に連れて行ってしまうから大変です。
変わってしまった未来で凛々蝶達を待ち受ける大きな試練がどういう結末を迎えるか楽しみですね。


インタールードでは凛々蝶達のサブエピソードが見られてとても面白かったです。
特に残夏の過去は非常に興味深く、何故彼がああいう人物になったか知れて良かったと思います。
やっぱり人の心が見えるというのは嫌な思いする事の方が多いと思いますよね。
最終章は再び前世の凛々蝶達が主役という事で凄く懐かしさが込み上げて来ました。
歴史が変わった事で色々と立場や関係性も以前とは異なりますが、これからどういう展開に繋がっていくか気になりますよ。
凛々蝶と双熾のイチャラブが見れないのはちょっと残念ですけどね(^^;
関連記事:
第二章完結!時を超えて物語は再び23年前へ!「妖狐×僕SS」第8巻
ただひたすら凛々蝶を想い貫く双熾の純粋なる愛情「妖狐×僕SS」第7巻
今の双熾と昔の双熾との間で揺れ動く凛々蝶の想い「妖狐×僕SS」第6巻
第二章開幕!生まれ変わった凛々蝶達の新たな物語「妖狐×僕SS」第5巻
第一章完結。凛々蝶と双熾を待つ壮絶な結末・・・!「妖狐×僕SS」第4巻
お風呂で裸でキャッキャウフフする美少女妖怪達♪「妖狐×僕SS」第3巻
凛々蝶を巡る双熾と蜻蛉の三角関係バトル!「妖狐×僕SS」第2巻
お嬢様とシークレットサービスの妖怪輪廻ラブストーリー「妖狐×僕SS」第1巻
いぬぼくへと繋がる貧弱お嬢様と座敷童執事のハートフルコメディ?「お嬢様と妖怪執事」
妖狐×僕SS (9)妖狐×僕SS (9)
(2013/05/22)
藤原 ここあ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日