FC2ブログ

爆乳母の再婚相手が可愛い男の娘でエロ妄想が止まらない!「父で娘」第1巻

コミックすももで連載された多丹モト「父で娘」第1巻の感想です。
父で娘第1巻1
タイトルは「ぱぱでこ」と読み、今後はWEBコミックアクションで連載されるようです。
「まるで娘のように可愛い父親」という意味だそうで、要するに可愛い男の娘がヒロインの女装少年モノのエロコメディです(^^;
母親の再婚相手がまさかの女装少年でその余りの可愛さについついエロ妄想してしまう思春期の息子の苦悩が面白いですよ。
感想は続きからどうぞ。


父で娘第1巻2
幼い頃に父親を亡くし、母親に女手一つで育てて貰った高校生の衛志。
ある日母・小百合の再婚相手と顔を会わせますが、その相手がなんと自分好みの可愛い女の子にしか見えない女装少年だったから驚きます(^^;
こんなに可愛くては再婚から一ヶ月経っても円の事を父親としては見れず、どうしても女の子として扱ってしまう衛志の複雑な気持ちも理解出来ますよ。
父で娘第1巻3
義理の息子と早く仲良くなりたいと願う円は衛志を食事に誘います。
しかしそこでチョイスした天ぷらうどんを食べる光景が完全に疑似フェラだから衛志は余計卑猥な事を考えてしまってましたwww
濃厚な汁を口いっぱいに頬張る円がエロいったらないですね~♪
さらには試着室で円のブラジャーを見てドギマギしたり、風でスカートが捲れ上がって円のパンツが丸見えになり思わず勃起してしまう衛志の苦労が忍ばれますよ(^^;
父で娘第1巻4
それからというものの、円と二人きりになる機会が増えてエロ妄想が止まらない衛志は度々一線を踏み越えそうになります。
これだけ可愛いとチン○付いててもセックルしたくのが童貞男子というものなのでしょうね(^^;
もっとも円の方はあくまで女性が好きという事で、義理の息子の為に秘蔵のAVを貸してあげようと考えます。
しかし生憎と円の好みは巨乳のお姉さんであり、衛志の好みは貧乳の美少女だから趣味が合いません。
なまじ母親が爆乳なせいで衛志は胸の大きい女性が嫌いのようで、それを知った円はどうにかして衛志にも巨乳を好きになって貰おうとあれこれ講じますよ。
父で娘第1巻5

可愛い男の娘の乳首!乳首!( ゚∀゚)o彡゚
ブラにパッドを入れて揉ませてみたりと色々やってみる円ですが今一つ上手く行きません。
それどころか寝惚けて自ら生乳首を見せてしまい、義息の愚息を興奮させてさらに貧乳好きに拍車を掛けてましたwww
女装少年の乳首でフル勃起するとか衛志はもう完全にソッチの性癖に目覚めてしまってますね(^^;
父で娘第1巻6
夜に母の部屋から妖しげな声が聞こえて思わずエロ妄想してしまう衛志ですが、何故か二人ともサンバの格好でダンスを踊っていたから拍子抜けします(^^;
なんでも友達に誘われたそうで練習してたようですが、張り切り過ぎて二人とも風邪を引いてしまうから本末転倒です。
そんな流れで衛志は円の仕事を代わりに手伝う事になりアパレル系ショップで一日働きます。
そこで自分好みの美少女・ミチルに出逢いますが、どうやらその娘は衛志が所属してるサッカー部のマネージャー・満でやはり女装少年のようでした。
父で娘第1巻7
円の方はすぐに治るものの母・小百合の方が中々治らず看病を続ける衛志。
快復した後は円も手伝いますが、見た目とは違いかなりの不器用で料理も家事も苦手だと分かります。
どうやら円はかなりのお嬢様(お坊ちゃま)育ちのようで基本的には不器用な模様。
買って来たヨーグルトをぶちまけては全身白濁液塗れにしたりと衛志のエロ妄想以上に卑猥な格好になるから相当なものでしたよ(^^;

父で娘第1巻8
爆乳母&女装義父と妄想3Pセックル
衛志の高校で体育祭があると知って円と小百合はチアガールの格好で応援に駆け付けます(^^;
唯でさえ目立つのにコスプレまでして注目されない筈がなく、お陰で衛志は男子から妬まれて逆ギレされるから理不尽な思いをしてましたw
そりゃあクラスメイトが爆乳の母親に加えロリ系美少女と同居してると知ったら思春期の童貞男子達は腹も立つでしょうね~。
バナナをチン○に見立てて母娘で近親相姦するエロ妄想を繰り広げる男共の気持ちも分かりますよ。
父で娘第1巻9
大勢の男子に円を女の子と勘違いされて心配する衛志ですが、予感が的中して怪しい男が円を付け狙うから気が気じゃありません。
このままでは確実に犯されてしまうと思い、大声を出して変質者を追い払います。
その後円に自分が性的な目で見られてる事をもっと自覚するよう注意するものの、天然な円には理解して貰えず体育祭中気苦労が絶えない衛志でした。
父で娘第1巻10
親子で海水浴に来た衛志は円に日焼け止めを塗って欲しいとお願いされ思わず興奮してしまいます。
10代の女の子のようにスベスベつるつるな肌ももちろんの事、乳首やチン○にまで日焼け止めを塗ろうとエロ妄想する衛志が相当ヤバイですねwww
海に入った後は円の水着がポロリする事を期待すると、小百合ママの方がポロリして見事な爆乳を晒すから衛志はゲンナリしてました。
回を増す毎にどんどん大きくなる小百合ママの魔乳おっぱいが物凄い迫力ですよ(^^;
父で娘第1巻11
他には円が溺れて人工呼吸する展開を期待する衛志ですが、逆に自分が溺れてライフセイバーのお兄さんに人工呼吸されてしまいますwww
さらにパンツに潜り込んだ蟹にチン○を挟まれてしまい、それを円と小百合が手コキで癒そうとするもんだから終始振り回されっぱなしの衛志です(^^;
帰った後は円にフェラされ小百合ママにパイズリされる夢を見るとか衛志の妄想力が底知れませんよ、ホント。
父で娘第1巻12
母と息子で男の娘を前後ファック
ある日家に円の兄・聖がやって来、いきなり怒りをぶつけられるから衛志は戸惑います。
どうやら円が衛志や小百合に犯されまくってるんじゃないかと思い連れ戻しに来たようですね(^^;
円は幼い頃両親を事故で失くし聖に育てて貰ったようですが、その兄が想像以上の変態シスコンもといブラコンだったからドン引きする衛志です。
聖は円に女装趣味を植え付けた張本人であり、実の弟と結婚する気満々だから救いようのない変態兄貴ですよwww
父で娘第1巻13
その他にも円は聖に酷い事されたそうで、まさか性的虐待を受けていたのではと衛志も思わず心配します。
流石にそれはなかったですが、あろう事か聖は円が自分の趣味に合わない下着を着けていた事から寝ている間に着替えさせていたというから変態にも程がありましたwww
そんな経緯があって今ではすっかり兄嫌いになった円に対し、聖はあくまで小百合との結婚を認めないと頑固な意志を曲げない構えです。
そしてなんと金に物を言わせてマンションの隣りの部屋に引っ越して来るから今後の生活に不安を隠せない衛志達でした。


義理の父親が女の子のように可愛い男の娘でエロ妄想ばかりしてしまう主人公が面白かったです。
こんなに可愛いとチン○付いていてもやっぱりセックルしたくなるのが悲しい男の性質なんでしょうね(^^;
円の乳首やパンツを見ては勃起しまくりな衛志の気持ちも理解出来ますよw
個人的には爆乳な小百合ママも好きなのでそちらの方も妄想シーンを増やして欲しいですね。
今巻は出番少なかったですがもう一人の女装少年・ミチルのエロ妄想にも期待します♪
最後に出て来た変態ブラコン兄貴がまた強烈だったので今後さらに円を対象にしたエロ妄想が加速する事でしょう。
可愛い男の娘のエロ妄想シーンがいっぱいで非常に満足した内容でした。
父で娘 (1)父で娘 (1)
(2013/04/12)
多丹 モト

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日