FC2ブログ

姉の為におっぱい揉んだり疑似セックルさせられる弟!「あねコミ」最終巻

ヤングアニマルあいらんどで連載された井上和郎「あねコミ」最終第2巻の感想です。
あねコミ第2巻1
エッチな漫画を連載する姉の為に身体を張ってモデルになる弟が悲惨な目に遭うコメディ漫画の完結巻です。
今巻もエロいシチュエーションを描く為にアシスタントの同級生と共に酷い辱めや痛い思いをする破目になる弟の姿が笑えます。
しかもそのお陰で姉の漫画は益々人気を増し、サイン会やアニメ化まで果たして余計に過激なシーンをモデリングする破目になりますよ(^^;
感想は続きからどうぞ。


あねコミ第2巻2

和佳子のおっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚
人気漫画を連載してるだけあって多忙を極めている漫画家のまなですが、一回だけ休みを貰い弟の涼太や和佳子と共に温泉旅行に行く事となります。
いつも忙しいまなに少しでも休んで貰いたいと思う姉思いな涼太が優しいですね。
しかし和佳子は逆にこういう時こそアイディアを練ろうと提案するから涼太は気に入らない様子です。
和佳子を放っておいて一人温泉でのんびりしようと考える涼太ですが、生憎とそこは混浴で姉達も入って来るから大変な事になってしまいます(^^;
漫画の参考にとまなが和佳子のおっぱいを揉む流れになり、涼太が見てるのも知らずに激しく揉みしだくからエロいったらないですよ
お陰で涼太は興奮の余り鼻血を出して気絶してましたwww
夜は夜で寝惚けた和佳子に抱き付かれるわ、姉には股間に踵落とし食らわされるわで全く疲れが取れる事がなかった憐れな涼太です。
あねコミ第2巻3
これまで姉の漫画の為に様々なシチュエーションのモデルをやらされた涼太はいい加減もう辞めたいと言い出します。
するとそこに新しいイケメン編集者が現れ、自分がモデルをやると言ってどんな恥ずかしい事でも進んでやるから涼太は面白くありません。
挙句の果てには半裸になって和佳子と絡み、エロい体位で彼女を喘がせるから涼太は妙な対抗意識を燃やしてました。
でもそれが全部まなの漫画の為を想っての行為だと知り、姉に喜んで貰う為にもモデルは必要だと考えを改め再び力を貸す事になる涼太です。
もっともそれはヤクザ編集者の黒崎が目論んでいた通りの展開で、全ては涼太にモデルを続けさせる為に一芝居打ったものだというから掌の上で転がされる始末でしたよ(^^;
あねコミ第2巻4
まなが連載していた「ごーいんぐ・アンダーグラウンド」がコミックスになり、さらにサイン会まで開かれる事になり涼太達も協力します。
まなが見た目ロリな美少女漫画家と知ってファンは大興奮し、サイン会は異常な盛り上がりを見せる事となりますがそのせいで少し困った事態が発生。
リクエストイラストで難しい絵を要求され、まなは急遽涼太と和佳子にモデルして貰ってイラストを描こうとします。
お陰で涼太は疑似セックルさせられるわ顔面騎乗させられるわ、またもや辱めを受けるから悲惨ですよwww
でも頑張ったお陰でサイン会は大成功となり、大勢のファンから拍手喝采を受けて終了するから結果オーライと言えるでしょう。
あねコミ第2巻5
コミックス化も果たして益々人気が出るまなの漫画ですが、そんな中で姉がスランプに陥ってしまうから涼太達は心配します。
エッチなシチュエーションのマンネリ化が激しくなり、どうすればもっと面白い漫画が描けるのかまなは悩んでいる様子です。
そこで涼太達はいつもとは違ったシチュエーションを試してみようと、和佳子を緊縛してくすぐりプレイをしてみたりと過激なシーンを演じてまなの興味を惹かせてました。
さらには涼太に生乳を揉ませようとまでするから和佳子が大胆過ぎましたよ
そんな中でまなが興味を示したのは和佳子が涼太に暴力を振るうシーンだったようで、今後はエッチシーンにバイオレンスを加えてみようという事でさらにキツイモデルをやらされる破目になるから悲惨な涼太ですw
あねコミ第2巻6
スランプから脱出したまなの漫画は益々人気を高め、ついにはアニメ化を果たす事となります。
そこで涼太達も連れてアフレコ現場を見学しに行く事になり、有名なスタッフや声優の仕事ぶりを目の当たりにして皆感激してました。
そんな中、エッチなシーンの演技が上手く行かないのを見てまな達は実際に自分達で演じてみようと思い付きます。
いつもやってる事ではあるもののガチでエッチなシチュエーションを実演する涼太達にスタッフも声優も度肝を抜かれ、感動して彼らの真似をして実際に録音するからウケますよ(^^;
お陰で納得の良く出来のアニメが完成したようですが、勝手に自分の喘ぎ声を使われてしまうからさらなる辱めを受ける涼太でしたwww
あねコミ第2巻7
まなの漫画のアシスタントを続ける中で新人賞に応募していた和佳子ですが、それがなんと大賞を取ってしまい目出度くデビューが決まります。
しかし連載用のネームが上手く行っておらず、かなり悩んでる様子だから思わず涼太も心配してしまいますよ。
相談に乗るとなんと今度は和佳子に漫画のモデルをやって欲しいと頼まれるから予想外の展開に。
しかも和佳子の漫画は純愛系ラブコメだから姉の漫画とは勝手が違く妙な雰囲気に陥ってました。
漫画の為なら操を捧げるのも辞さない覚悟の和佳子ですが、そんなの間違ってると涼太に指摘されてしまいます。
和佳子はまなの漫画を超える漫画を描く事に拘る余りプレッシャーを感じていたようですね。
でも涼太のお陰で漫画は読者に喜んで貰う為にあると改めて気付き、迷いが晴れてスッキリした気持ちで漫画制作に挑む事が出来た和佳子です。
あねコミ第2巻8
それから数年後、和佳子の漫画は大成功を収め漫画文化賞を受賞するまでに至り一躍人気漫画家へと踊り出ます。
しかし高校卒業と同時にまなと涼太は突如行方知れずになってしまったようで、その事が和佳子はずっと心残りに感じていました。
そんな時、授賞式で涼太と再会するから和佳子はまなの行方を問い質します。
すると後日地方の同人誌即売会に呼ばれ、そこには漫画家を辞めて人知れず同人誌を売っているまなの姿があるから驚く和佳子です。
話によるとまなは涼太が大学卒業するまでのお金を稼げた事から当初の目標を達成出来たとし、これからは涼太の人生の為に協力したいと考え漫画家を辞めた模様。
今の彼女の姿を見て和佳子は満足し、ならば自分はこれからもずっと漫画家として漫画を描き続けていくと言って涼太に別れを告げてました。
そんな感動的なシーンがあったにも拘らず、なんとまながいきなり漫画家に復帰すると言い出すからビックリ仰天です(^^;
最初から和佳子のライバル心に火を付けられるタイミングを見計らって黒崎編集長が復帰の時期を見計らっていたというから最後まで掌の上で転がされる涼太達でしたw


最後の最後まで姉の漫画の為に辱めを受ける涼太が面白かったです(^^;
漫画の為に同級生と疑似セックルやらおっぱい揉みやらさせられるのはある意味美味しいですが、そのせいでSMプレイさせられたり緊縛や三角木馬など痛い思いするのはちょっと遠慮したいですねw
コミックス化、サイン会、アニメ化と人気が高まるに連れて涼太の扱いがどんどん悪くなっていき、いつも悲惨な目に遭ってしまう所が笑えて読んでて楽しかったです。
最後は立派に成長した和佳子も見れ、まなも漫画家としてまだまだやる気に満ち溢れてる様子だから安心しました。
次もこういうエロバカで楽しい漫画を描いて欲しいですね。
関連記事:
漫画家の姉の為にエッチなアシスタント♪「あねコミ」第1巻
あねコミ (2) (完)あねコミ (2) (完)
(2012/11/29)
井上和郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

0時

ブログ旧館はこちらです↓
http://cartoonworld.blog120.fc2.
com/


プロフィール変更日:2013年7月15日

・ネギまを筆頭に漫画をかなりの数読んでいます。その数、1万冊以上?
・好きなキャラは神楽坂明日菜、袴田ひなた、調辺アコ(キュアミューズ)、小鳥遊ひな、田井中律、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム、木之本桜、安岡紫音、安藤まほろ、ティアーユ・ルナティークなど。明日菜は俺の嫁!りっちゃんは俺の恋人!ひなたは俺の妹!アコは俺の娘!ひなは俺の姪!ティア先生は俺の担任!

・現在見てるアニメは「リコーダーとランドセル ミ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「HUNTER×HUNTER」「ドラえもん」「恋愛ラボ」「NARUTO-疾風伝-」「名探偵コナン」「ドキドキ!プリキュア」「トリコ」「ONE PIECE」「進撃の巨人」です。
・今期感想するアニメは「ロウきゅーぶ!SS」「ハイスクールD×D NEW」「神のみぞ知るセカイ 女神篇」です。
・現在見ている特撮は「獣電戦隊キョウリュウジャー」「仮面ライダーウィザード」です。

・映画やサッカーも見ます。(日本代表絶賛応援中!)
・現在プレイ中のゲームはドラゴンクエストⅩです。今後プレイする予定のゲームはサモンナイト5です。

<画像の使用について>
当ブログでは著作権侵害及び営利目的の為に画像を利用致しておりません。
【著作権法32条(引用)】
『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』(wikipediaより)
以上の定義に基づき画像を引用させて頂いております。
引用している画像の著作権は各著作権者様にあり、その一切の無断転載を禁止致します。
著作権者様からお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。

旧館開設日:2007年9月19日
テンプレート変更日:2008年2月12日
新館開設日:2012年7月13日