FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
少年サンデー連載中の若木民喜「神のみぞ知るセカイ」第12巻の感想です。
神のみぞ知るセカイ12巻1
コミックス買い揃えたので最新巻から感想を書こうと思います。
アニメ2期も絶賛放映中ですので是非どうぞ。
11巻から女性キャラが表紙になっており、12巻はハクアになりました。
12巻にハクア一切出てませんけどね(^^;(カバー下の描き下ろしのみ)
アニメの方に揃えたようです。
これまで駆け魂の取り憑いた女子を攻略するだけで良いと思っていた桂馬ですが、前巻の檜編の事件を切っ掛けに女神を探し出さなければならないと思い始めます。
さらに今巻ではより強くそう思わざるを得ない大事件が発生してしまいますよ。
感想は続きからどうぞ。


神のみぞ知るセカイ12巻2
体育祭が迫って活気づく舞島学園。
いつも通りマイペースを決め込む桂馬も否応なく競技に参加させられます(^^;
仮病で休もうとするのを二階堂先生に釘刺され、しかも出る種目の二人三脚でかつて攻略したちひろと組む事に。
そこで桂馬はちひろに女神が隠れてるか確かめる為、自分とキスした事を覚えてるか直球で訊ねます。
もちろんYESと言われる訳もなく殴り飛ばされてしまい、結局本当にしてないのか照れ隠しなのか分からず仕舞いです。
動揺してる様子から照れ隠しの可能性が高いんでしょうが、現実の女性の心理はゲームとは違うようで桂馬には判断が難しいようですね。
神のみぞ知るセカイ12巻3
そして体育祭当日はというと今度は妙に歩美が懐いて来るから桂馬は戸惑います。
準備の時からヤケに関わって来るので桂馬はそれが攻略を覚えているから、女神が居るからなのかと怪しみます。
元々この二人はかのんも含めて一学期期末テストの頃から挙動不審な態度を取ったり、結編でも桂馬(中身は結)と積極的に仲良くなったりとしてましたからね。
フラグは伏線としてずっと前から散りばめられていたのでしょう。

神のみぞ知るセカイ12巻4
そんな中で駆け魂の反応があって攻略を再開する桂馬。
生物部の3年・倉川灯と出逢い、どういう理由か彼女が完璧な人間を作ろうとしてる事を知ります。
強烈な個性を持つ灯をいつも通り自分のペースに引き込んで攻略しようとする桂馬ですが、予想以上の難敵だと分かりさすがの落とし神も今回ばかりは困り果てますよ。
神のみぞ知るセカイ12巻5
何せ灯にはキスで駆け魂を出すという方法が全く通用しません。
愛を説いても全く伝わらず、不意打ちでキスしても動揺すらしない灯に桂馬も困惑します。
挙句の果てに灯の方から何度もキスされて逆に自分が動揺してしまう桂馬です。
あくまで完全な人間を作ろうという目的のみに囚われ、桂馬を現実の不完全な人間そのものだと言い放つ有様です。
屈辱的な言葉に憤慨した桂馬は、ならば完全な人間とはどういうものか灯に教えようとします。
神のみぞ知るセカイ12巻6
桂馬の考えは完全な人間の住む世界は愛の無い世界だというものでした。
人間は不完全だから愛を求めるのであって完全ならば愛が無くても問題無い、必要無いと桂馬は言います。
しかしそれは必ずしも理想的な世界ではないと続け、不完全だからこそ人間は理想を求めて止まないと考えてるようです。
完全を求めるのは不完全だからで、不完全こそが理想的だという結論です。
桂馬の話に灯は少しだけ興味を抱いた模様。
すると灯は最後にもう一度だけ桂馬にキスをして別れを告げます。
次の瞬間桂馬は意識を失い、気が付いた時にはもう灯は居ませんでした。
さらに何故か駆け魂反応まで消えてしまっています。
神のみぞ知るセカイ12巻7
それもその筈、駆け魂の反応は敵を誘き出す為の偽の信号だったからです。
どうやら灯も地獄の関係者のようで、同じく関係者の二階堂先生にはリミュエルと呼ばれてました。
二人はこれから起こる騒動を陰から桂馬達を見守る事にしますよ。

神のみぞ知るセカイ12巻8
新章は二学期中間テストの目前から始まり、ココから物語は急展開を迎える事になります。
なんとかのんの中に女神・アポロが居る事が判明し、既に会話も出来るようになってる事が分かりますよ。
当然桂馬の攻略も覚えてる訳で、やはり一学期中間テストの頃から記憶が戻っていたようです。
久しぶりに桂馬に会って密かに想いを募らせるかのんですが、事態は思わぬ方向に。
なんとかのんの命を狙う者が現れ、身の危険を感じたかのんは桂馬に助けを求めます。
神のみぞ知るセカイ12巻9
しかもなんとクラスの皆が見てる前で桂馬に告白するから大騒ぎになってしまいますよ。
歩美とちひろの動揺っぷりが手に取るように分かるな〜(^^;
これでかのんの中に女神が居る事を知る桂馬ですが、すぐに追手がやって来てかのんと入れ替わったアポロは逃げてしまいます。
慌ててかのんを追い掛ける桂馬ですが事態は最悪の方向へ進んでしまいます。
神のみぞ知るセカイ12巻10
なんとかのんは敵に捕まって絶体絶命の危機に!
旧地獄復活を目論む「正統悪魔社(ヴィンテージ)」のフィオーレに短剣で刺されて致命傷を負ってしまうかのんです。
もちろんフィオーレの狙いは女神・アポロの方ですが、肉体はもちろんかのんの物であり酷いダメージを受けてしまいました。
駆け付けた桂馬とエルシィは血塗れのかのんを見つけ大慌てです。
しかもかのんの身体に刺さった剣には呪いが掛かっており抜く事が出来ません。
桂馬はかのんが刺されたのは自分がちんたらしてたせいだと責任を感じ、一刻の猶予も無いと舞高祭を待たずに女神探しを本格化させる事に決めます。


物語が大きく動き出す12巻でした。
これまでは渋々駆け魂攻略をして来た桂馬ですが、さすがに今回ばかりは思う所があったのでしょう。
いくら現実と距離を置こうとしても目の前で人が死に掛ければ本気にもなるというものです。
ココからは桂馬の本領発揮が見れそうですね。
かのんが刺される展開は全くの予想外でこれまでのラブコメムードとは一線を画すシリアスな話が続きそうです。
かのんを助けるには女神の力を借りるしかなく、これまで攻略した女子と再び関わる事で新たな関係が生まれる予感がします。
ってかこうなるとホント、次の章からはハーレム展開になりそうだな〜(^^;
神のみぞ知るセカイ (12)神のみぞ知るセカイ (12)
(2011/04/18)
若木 民喜

商品詳細を見る

神のみぞ知るセカイ (12) ステンレスブックマーク付き限定版神のみぞ知るセカイ (12) ステンレスブックマーク付き限定版
(2011/04/18)
若木 民喜

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/tb.php/1013-bdd87d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。